横浜市戸塚スポーツセンター
避難訓練をおこないました

311日。東日本大震災が発生して4年が経ちます。あの日起きた事を忘れず、教訓にすることが私たちには必要です。

大きな災害はいつ発生するか分かりません。有事に備えて日ごろから訓練することが大切です。今回、お客様や消防署の方にもご協力いただき、避難訓練を実施しました。

大きな地震が発生し、その影響で火災が発生したという想定です。

地震発生直後は姿勢を低くして頭を守ります。

次いで、火災の煙に巻き込まれないように避難します。

皆さん無事に避難することができました。

避難後は水消火器を使って消火訓練を行いました。

ほうきで掃くようにしながら火元を狙います。

消火器のピンは近くに持っていってから抜くように説明がありました。

先に抜いてから持つと思いがけず噴射してしまい、中身がなくなってしまうということがあるそうです。

戸塚スポーツセンターでは、お客様に安心してご利用いただけるよう、避難訓練や心肺蘇生法の研修を実施しています。

ご参加いただいた皆さんありがとうございました。

*無断転載を禁じます。

 

横浜市戸塚スポーツセンターの設置目的と運営方針お問い合わせ

公益財団法人横浜市体育協会

指定管理者:公益財団法人横浜市体育協会  2008年11月17日作成-2017年12月12日更新

2007-2017 Yokohama Sports Association. All Rights Reserved.

各ページに掲載の記事、写真・画像の無断転載、加工しての使用を禁じます。