横浜市三ツ沢公園青少年野外活動センター
環境について学ぼう

三ツ沢公園で環境教育



SDG's(持続可能な開発目標)は「環境について守る」ことを掲げています。そこで当センターは教室事業を通して、環境をキーワードにさまざまなプログラムに取り組んでいます。このコーナーはその一部を紹介していきます。



FREEBBQ&SDG 8月14日(日)

12家族が集まり、BBQを楽しみSDG'sについて学びました。



「食品ロスはださないよ」食材は持ち込み。

メニューは海鮮あり、牛肉あり、ホットドックあり。

なかでもスペアリブは多くの家族の方が味を楽しんでいました。



パンつくりや火起こしにも挑戦。



ザリガニ釣りを体験し、ゲームを楽しみながら環境について学びました。



答申に「ザリガニ釣りをしてはいけないと書いていないことに
気がつきましたか?」

でも池の管理者に問い合わせてから楽しんでね。




夏休み自由研究工作教室
使い捨てよりmy竹箸 SDG's 8月8日(月)

小学1-6年50名が集まり、竹で工作を行いました。みんなさまざまな形の実用品やオブジェを作りました。



「何を作ろうかな」
1-3年生は竹の形から想像を膨らませます。



「気をつけて。手は刃物の前に出すなよ」
4-6年生は切り出しナイフやのこぎりを使いこなします。





全学年が「竹の箸」を作りました。
大切に使えば「環境にやさしい」ことを学びました。




あったかエコキャンプ SDG‘s 7月3日(日)



ゴミについてみんなで学び、体験したら、いろいろ気づいたんだ。



令和4年7月3日の日曜日、当センターで「あったかエコキャンプ」が開催されました。小学生1~6年生、46名が集まり「ゴミ」について、学び、体験し、環境について考えました。



ペットボトルをリサイクルしたら、いろいろな製品になることを
みんなで学んだよ。



「あれ、アルミホイルはどの分別だっけ?」ゴミの分別を体験。
また、牛乳パックをリユーズ!? ホットドックを調理しました。
おいしかった。



ペットボトルでおもちゃを作ってリサイクルしてみた。



学んだこと、体験したこと、気づいたことをレポートに書いた。
実はそれが修了証。



これからも環境について学んだら報告するね。

 

公益財団法人横浜市スポーツ協会

指定管理者:公益財団法人横浜市スポーツ協会  お問い合わせ  2008年11月17日作成-2022年10月08日更新

2007-2017 Yokohama Sports Association. All Rights Reserved.

各ページに掲載の記事、写真・画像の無断転載、加工しての使用を禁じます。